Entries Comments



オングリッドにするかオフグリッドにするかの悩み

20 9月, 2014 (00:00) | 太陽光発電 | By: admin

太陽光発電の導入を考えた時にオングリッドとオフグリッドどちらにするか悩む人も多いと思います。太陽光発電にあまり興味を持ったことのない人はオングリッドとオフグリッドの違いがあまり良く分からないと思います。どちらにもメリットがあり、特徴を理解したうえで太陽光発電の導入の参考にしてみてください。

オングリッドというのは、通常の太陽光発電で、送電網に接続することで自家発電だけでなく余った電気を電力会社に買取してもらうこともできます。大容量のバッテリを必要としない分費用を抑えることができますが、非常時には発電力の弱さと接続の変更が必要になるといった使いにくさもあります。

オフグリッドは完全に独立した太陽光発電です。ソーラーパネルで発電された電気はすべて家の電力になり、非常時でも変わらずに使うことができます。オフグリッドは家の発電だけでなく様々な物の電力を賄うことができます。送電網につながっていないため電気の買取をしてもらうことができません。

どちらもメリットとデメリットがあり、導入するときには迷うと思います。オングリッドもオフグリッドも使い方次第でその能力の発揮の仕方が変わってきますので、用途の合わせた設置を心掛けてみるといいでしょう。

Write a comment